FC2ブログ

ガンプラのレビューページ。素組み・パチ組みに、ガンダムマーカーでスミ入れして続々量産中。写真多めでレビューします。

カウンター
カテゴリ
プロフィール

工房長かずやん

Author:工房長かずやん
ガンプラを10数年ぶりに手にしました。
懐かしいのと同時に、ガンプラの進化に驚愕。

これから、ドンドン量産していくんでよろしく。

コメント・トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
「カテゴリ」からモビルスーツを選択すると、記事が古い順に表示されます。

↓↓ランキングをポチポチっとクリックお願いしま~す。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆◆お知らせ◆◆
「カテゴリ」からモビルスーツを選択すると、記事が古い順に表示されます。
↓↓ランキングをポチポチっとクリックお願いしま~す。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
人気ブログランキングへ


PG ガンダムMK2 #03 頭部と上半身の内部フレームを組み立てました。
Category: PG ガンダムMK-Ⅱ  
今日は頭から胸フレームを作成しました。

まずは、前の姿から見てみましょう。
DSCF0610.jpg
胸部の黄色いダクトは片側フィン3枚が連動して動きます。ここはフィンが1枚1枚別パーツになっているのでリアルですね。MGのガンダムMK2(Ver.2.0)は3枚で1パーツだったように思います。

頭部(頭頂部と目)とコクピットが発光ダイオードで光るようで、頭部のリード線(首を通じて)およびコクピットからのリード線は背中にまとめられています。
DSCF0613.jpg
頭部のリード線は写真の銀色のパーツと繋がっているのですが、コクピットのリード線はすべてビニールに覆われています。ネジで留めるときにビニールをネジが破ることによって接続がなされるようです。
ただし、電池およびスイッチはバックパック内にとりつけるので、ちゃんと点灯するかどうか確認できていません。(ちゃんと点灯するかどうかドキドキです)

胸部のコクピット(脱出ポット)部分をもっと見てみましょう。
DSCF0612.jpg
残念ながら、脱出ポットは取り外し不可です。組み込む前に写真を撮れば良かったです。
コクピットの入口のハッチは開閉でき、内側は銀色で覆われています。発光ダイオードを点灯したときにどのようになるか楽しみです。
ちなみに、パイロットはスミ入れをし、ヘルメットのバイザーをガンプラマーカーで黒く塗装しています。もともと白いパーツなので、カミーユを想定しているようです。本当は、カミーユはZガンダムに搭乗することにし、ガンダムMK2にはエマさんが搭乗していことにしてオレンジのノーマルスーツにしたかったのですが、塗料もないことですしあきらめました。

肩は胴体から引き出せるようになっているようです。
DSCF0614.jpg
右肩が引き出した状態、左肩が胴体にひっこめた状態です。
引き出した状態であれば、ビームライフルやバズーカの両手持ちがうまくできそうです。

上半身が左右にどれぐらい曲がるか見てみます。
DSCF0617.jpg
ちょっと左右に曲がるようですね。シリンダーが伸縮しますね。まぁ外装をつければ見えなくなりますが…。

前回までにつくった足~腰フレームと繋げてみました。
DSCF0625.jpg
全長は約32センチです。ずいぶん大きくなりました。

次回は腕を作ります。
スポンサーサイト

◆◆お知らせ◆◆
「カテゴリ」からモビルスーツを選択すると、記事が古い順に表示されます。
↓↓ランキングをポチポチっとクリックお願いしま~す。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
人気ブログランキングへ

テーマ : ガンプラ制作    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。